紙じゃない名刺

エリート

社会人として会社で働いている場合などには、名刺を交換するケースがよくある。特に、営業マンなど外部の人と多く合うような場合には、名刺を多く交換する。 これらの名刺については、これまでは紙の名刺のまま保管し、必要なときに探して連絡先などを確認することが一般的であったが、最近では名刺電子化が進んでいる。 例えば、特に最近ではスマートフォンのカメラで名刺を取ることで、専用アプリを介して名刺電子化されたりするものがある。それらのアプリでは、無料で提供されている場合も多く、スマートフォンさえあれば誰でも利用できる場合がある。 また、名刺を取り込むことを専用に行える、機械とアプリがセットになったシステムや、業者によりまとめて名刺電子化してもらえるサービスなどある。

名刺電子化に関するアプリや、サービスの利用は、主に営業マンなどの顧客とのやり取りが多い人や、また企業としてそれらのシステムやサービスを利用するケースが通常となっている。 名刺交換が少ない人などでは、電子化しなくても管理することが出来る。しかし、多い枚数の名刺をもらうような場合には、管理が煩雑になる。それは、枚数が多くなると目的の名刺を探し出すのに時間がかかったり、整理が大変になるためである。 この名刺を電子化することで、例えば検索機能を使い目的の名刺を瞬時に探し出したり、付加情報を付けておくことで、より有効に活用できる。 また、企業内の営業マンなどが交換してきた名刺を電子化することで、社内で共有し活用できるようになる。